• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler


オメガ, カルティエ, グランドセイコー, その他, タグホイヤー, ブライトリング, ロレックス, 時計買取

腕時計っていくらで売れるの?ブランドごとの平均買取率を徹底解説

時計に詳しくない方でも「高級時計が高く売れる」ことはご存知でしょう。

ブランド品にはバッグや靴、服、アクセサリーなど様々なアイテムが存在しますが、その中でも時計は圧倒的な換金率を誇ります。

では具体的に時計はいくらで売れるのでしょうか?

今回は各高級ブランドの時計が大よそどれくらいの価格で売れるのかを検証していきます。

高級時計 買取

 

高級時計の定義と買取率

高級時計は概ね30万円以下のエントリーモデル、100万円以下のミドルクラスモデル、それ以上のハイエンドモデルに分類され、各分類ごとに有名時計ブランドが点在します。

幾らの時計から高級時計であるかは個々の価値観にもよりますが、一般的には20万円以上の時計が高級時計に当てはまると思っていただければ結構です。

また、高級時計がどのくらいの価格で売れるかどうかの指標に「買取率」がしばしば使われます。

買取率とは定価に対して何%で売れるかを表しており、そのブランドの買取需要を知る上で大きな参考になる数字です。

そこでこの記事では人気ブランドの平均買取率をまとめてみました。

あなたがお持ちの時計がどれくらいの価格で売れるか是非チェックしてみてください。

※あくまで平均買取率なので、モデルや個体によっては買取価格は上下します。大よそこれくらいで売れるだろうという目安程度にお考えいただければ幸いです。

 

主要時計ブランドの買取率

 

ロレックスの平均買取率

ロレックス 平均買取率

平均買取率:約60%

圧倒的知名度を誇る時計界の王者ロレックス。平均買取率は間違いなくNO.1です。

どのモデルも高額買取されますが、特にデイトナ・エクスプローラー・サブマリーナ・GMTマスターといった定番人気モデルは70%以上にも及ぶ買取率を誇ります。

高く売れる時計ブランドとしてはこれ以上ないブランドです。

 

オメガの平均買取率

オメガ 平均買取率

平均買取率:約40%

ロレックスと双璧を成す知名度を持つオメガ。ロレックスには及びませんが、高い平均買取率を誇ります。

スピードマスター・シーマスターの人気モデルは上記の数字より高い買取率が期待できます。

 

タグホイヤーの平均買取率

タグホイヤー 平均買取率

平均買取率:約30%

スポーティーなフォルムに加え、確かな性能を誇るタグホイヤー。30代男性から熱い支持を受けているブランドです。

平均買取率は30%程度ですが、人気の高いカレラシリーズは更に高価買取されます。

 

グランドセイコーの平均買取率

グランドセイコー 平均買取率

平均買取率:約30%

老若男女問わず、幅広い層に支持されるグランドセイコー。確かな精度と品質を誇るセイコーの評価は高く、高価買取が期待できます。

ちなみに通常モデルよりブティック限定モデルの方が買取率が高いです。

 

ブライトリングの平均買取率

ブライトリング 平均買取率

平均買取率:約30%

クロノグラフの雄として時計界に君臨するブライトリング。「時計ではなく、計器」という言葉を表す普遍的なデザインは、一目見てブライトリングだと分かるほど強い存在感を放ちます。特にナビタイマー・クロノマットといった定番モデルは需要が高く、安定した価格で買取されています。

 

カルティエの平均買取率

カルティエ 平均買取率

平均買取率:約30%

女性の永遠の憧れカルティエ。多種多様なラインナップが展開されており、どのモデルも需要が尽きることがありません。

ただ、クォーツモデルは機械式モデルと比べると買取率が落ちるため、注意が必要です。

 

フランクミュラーの平均買取率

フランクミュラー 平均買取率

平均買取率:約30%

お洒落なデザイン性からメンズ・レディース問わず人気があるフランクミュラー。カサブランカ・ロングアイランド・トノーカーベックスといった定番モデルは需要が高く、付属品が揃っていれば満足する査定額が提示されることでしょう。

 

ブルガリの平均買取率

ブルガリ 平均買取率

平均買取率:約20%

2009年に創業125周年を迎えた高級ファッションブランド「ブルガリ」。時計製造においても一目置かれており、イタリアンデザイン溢れる創造性とスイスの熟練技術とを融合して生まれた「ブルガリブルガリ」は20代・30代の男性から熱い支持を受けています。

ただ、高級時計としてはエントリーモデルに該当するブルガリはそこまで買取率は高くなく、概ね約20%程度で取引されることが多いです。

 

定価10万円以下の時計の買取率について

ハミルトン 時計買取

エントリーモデルの中でもハミルトン・オリス・ユンハンスといったブランドは、平均売価が10万円台とリーズナブルな価格です。ただ、その分買取金額はシビアな結果になることが多いです。

時計買取店は買取した時計をメンテナンスしてから再販売するため、販売予定額からメンテナンス費と利益を差し引いた価格を査定額として提示します。

 

定価が10万円の時計を例にして考えると、

・定価10万円

・新品並行相場8~9万円

・中古の販売相場6万円

ぐらいになることが多いです。

オーバーホール(分解掃除)費用はおおよそ3~4万円程度かかります。

そうすると買取金額を低く見積もらざるを得ません。

買取査定額を1万円程度にしないと利益が出せないのです。買取率でいうと5%~10%といったところでしょうか。

基本的には10万円以下の時計は、あまり買取額に期待をしないほうがよいでしょう。

※非常に状態が良くメンテナンスの必要が無い場合は、もう少し高い金額がつくこともあります。

 

カジュアル時計の買取について

カジュアルウォッチ 買取

ちなみにダニエルウェリントン・ポールスミス・スカーゲンといったカジュアル時計はさらに買取金額が安くなります。

カジュアル時計は機械式ではなくクォーツ時計であるため、いわば消耗品です。

大半のカジュアル時計は数万円で買えますが、売る場合は数千円の査定金額となれば良い方ではないでしょうか。

箱や保証書といった付属品がない場合は最悪数百円になることもあります。時計というよりは雑貨である認識の方が良いかも知れません。

まとめ

ご覧いただいたように、高級腕時計はブランドによって買取率は大きく異なります。

購入時は自分の好きなブランドの時計を購入すれば問題ありませんが、売る時は需要の高いブランドの方が高く売れるわけです。

もし、時計に関して絶対的な拘りがないのであれば、買取率の高いブランドを選んだ方が得かもしれませんね。

尚、上記の買取率は定価を基準としています。中古品で購入した場合は定価よりだいぶお安く購入できているはずですので、買取率はもっと高いでしょう。

またロレックスのスポーツモデルは定価を超えるプレミア価格で取引されているモデルが多く、上記の数字は当てはまらないかもしれません。

 

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ

オメガのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング

 

お勧めアイコン
おすすめ記事

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

ページトップへ