• Twitter
  • Instagram
  • line
  • Facebook
  • weibo
  • WeChat


パテックフィリップ, 価格高騰モデル, 時計買取

異常な程の高騰!パテックフィリップ ノーチラス 5711/1Aの値上がりについて

今、パテックフィリップ ノーチラス 5711/1Aの価格が異常な程に高騰しております。

「今」というよりも、ここ数年、ずっと右肩上がりの相場ラインを描いていると言っても過言ではありません。

確かにノーチラスは、パテックフィリップはもちろん高級時計業界を代表するラグジュアリー・スポーツウォッチです。その傑作ぶりに疑いの余地はありませんが、それでもこの価格高騰ぶりは異常と言っていいでしょう。

様々な社会情勢が要因となって「相場が落ち着きつつある」とは言え販売価格は定価の二倍以上になっており、買取相場もそれと比例してきわめて高額が提示されています。

何故ここまで価格が高騰しているのか?パテックフィリップ ノーチラス。

その人気の理由と、現在の相場についてご紹介いたします!

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A

※掲載する情報は2020年5月現在のものとなります。

 

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1Aの基本スペック

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-010

スペック

ケース素材:ステンレススティール 
ガラス素材:サファイアクリスタル
文字盤:ブラックブルー
仕様:シースルーバック
防水:12気圧防水
ケースサイズ:40mm 厚さ:8.3mm
ムーブメント:自動巻きCal.324SC(2019年頃よりCal.26-330 SCに移行)
定価3,573,000円(税込)

 

パテックフィリップを代表するラグジュアリー・スポーツウォッチ、ノーチラス。天才時計デザイナーと名高い、故ジェラルド・ジェンタ氏によって手掛けられました。

初出は1976年。40年以上の歴史の中で様々な名作ノーチラスが同社より生み出されましたが、中でもひときわ人気が高いのが5711/1Aです。

ノーチラス 5711/1A

2006年に誕生し、現在一世を風靡しているモデルです。

旧型モデルであるRef.3800/1のケースサイズは37mmと少し小ぶりでしたが、5711/1A-はケースサイズ40mm と大型化され、よりスーツスタイルにもスポーツシーンにも合うオールマイティなモデルになりました。さらにシースルーバックが採用され、パテックフィリップが誇る銘キャリバーやゴールドの美しいローターなどを鑑賞できるようになったことも、特筆すべき仕様です。

なお、2010年に一度ブレスレットにマイナーチェンジが施され、青文字盤ノーチラスのリファレンスは5711/1A-001から現在の5711/1A010へと変更されました。

 

ちなみに2006年の発売当初は、ブラックブルー文字盤のみの取り扱いでしたが、2012年に白文字盤がラインナップに追加されました。

ノーチラス パテックフィリップ 5711

しばらくは青・白で併売されていましたが、2020年、突如として白文字盤の方がカタログ落ちとなりました。

新型コロナウイルスの影響により、パテックフィリップは2020年新作発表を見送ったため、ノーチラスの5711/1A系列に新たなカラーバリエーションが追加されるのか。はたまたしばらくは青一本なのかはわかりません。

しかしながらどちらもきわめて高い人気を誇っていますので、今後さらに供給が需要に全く追い付かない状態となり、価格急騰が危ぶまれます。

 

 

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1Aの価格高騰

「異常な程の価格高騰」と冒頭で申し上げましたが、では、ノーチラス 5711/1Aの青・白文字盤は、それぞれどれくらいの相場を記録しているのでしょうか。

現在の販売価格は以下の通りです。

 

ノーチラス 5711/1A-010 

ノーチラス 5711/1A-010

並行輸入店での新品販売価格:870万円前後~

 

ノーチラス 5711/1A-011

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-011

並行輸入店での新品販売価格:780万円前後~

 

ノーチラス 5711/1Aは定価では買えない?

大人気の青文字盤に至っては870万円前後~、白文字盤も780万円前後~と、とてもステンレススティール製とは思えない時計の価格ですね。

中古であっても、コンディションにもよりますが定価の倍ほどもの値付けが行われている状態となります。

確かにパテックフィリップは「ステンレススティール製」とは言っても、世界最高峰の製造技術でもって、大量生産には不可能なクラフトマンシップ溢れる逸品を生み出しており、どうしても定価自体が高くなりがち。

しかしながら現在、この定価があってないようなものとなりつつあります。

ノーチラス 5711

もうずっと品薄続きで、正規店で手に入れることはほぼ不可能であるためです。

ちなみにパテックフィリップでは、ロレックスのように2020年2月より、ノーチラスを始めとした一部モデルで購入制限を開始しました。同一モデルの再購入を不可能とする、というものです。

しかしながらそもそも「購入」まで至らず、新規予約を一切受け付けていない、といった声まで囁かれています。

 

ただ、これからノーチラス 5711/1Aのご売却をお考えの方にとっては、思わぬ利益を手にするかもしれない、ということを示唆します。

繰り返しになりますが、ノーチラスの相場は右肩上がりを描き続けてきたためです。

もちろん多少のアップダウンはありましたが、2017年の時点では中古で340万円程。2018年には540万円程。そして2019年には、一時期青文字盤の方が1000万円に届く新品相場を記録しました。

 

現在、新型コロナウイルスや円高といった社会情勢が背景にあり、若干相場は落ち着きつつありますが、それでもプレミアぶりはご覧の通りです。

世界最高峰の時計を製造するブランドの銘品は、お値段も、そしてリセールバリューも世界最高峰なのでしょう。

 

パテックフィリップ 5711/1A 人気の理由とは?

定価に縛られない並行輸入価格、いわゆる相場は、需要と供給に大きく影響されます。

もともとパテックフィリップの年間製造個数自体が少ない、というのもありますが、供給をはるかに上回るような人気集中によって、現在の価格高騰が誘発されている状態です。

 

何故ここまで人気が高いのでしょうか?

その理由の一つには、前述の通り製造個数が極端に少ないことが挙げられます。

正式に発表されてはおりませんが、年間1000本くらいといわれております。日本、中国、インド、アメリカ、欧州・・・世界中の需要をまかないきれるような生産数ではありませんね。

 

また、8.3mmというケースの薄さでありながら、12気圧防水という高い防水性も兼ね備えており、その高い機能性も評価されております。

他にはないノーチラスならではの特徴的なデザイン性も人気の一つです。

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-010

 

さらに、先ほど少し触れましたが、高級時計市場が国内外で急速に拡大し続ける中で、今なおどんどん需要が高まり続けている、という要因もあります。

ロレックスやパテックフィリップといった人気ブランドの人気モデルへの、憧れや購買欲は万国共通です。もちろん今後の世界情勢等は不確実な面も多々ありますが、ことパテックフィリップ人気は健在。今後も拡大していくことでしょう。

さらに需要に供給が追い付かなくなり、より大きな価格高騰ラインを描いてしまうかもしれません。

 

まとめ

パテックフィリップは近年定価も上昇傾向にあるため、投資目的に購入される方が増えているのも現状です。

今までにない価格高騰を見せたノーチラス5711/1A。

ご売却を検討されている方は、大きなチャンスを迎えつつあると言っていいでしょう。

GINZA RASIN】ではパテックフィリップの高額買取に力を入れております。売却を検討されている方は是非一度お問い合わせください。

 

ノーチラス 現在の買取相場について

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

南 幸太朗(みなみ こうたろう)

  • (一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
  • 高級時計専門店GINZA RASIN 本店 店長

学生時代から腕時計好きで、大学卒業後にGINZA RASINへ入社。店舗での販売・仕入れの経験を経て2016年3月より本店 店長へ就任した。
得意なブランドはロレックス・パテックフィリップ・オーデマピゲだが、幅広い知識のもと、あらゆる商品情報や相場の造詣が深い。時計業界歴9年。

買取はこちら 買取はこちら

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
宅配買取キャンペーン RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WEBマガジン

パテックフィリップのブログ一覧


宅配買取キャンペーン
バーゼルワールド2019
WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング
お勧めアイコン
おすすめ記事


ページトップへ