• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler


ロレックス, 時計買取, 買取相場

2019年 ロレックス デイトナの買取相場・価格

ロレックス デイトナ 買取推移

時計界の王者ロレックス

ロレックスにはエクスプローラー・サブマリーナ・GMTマスターなど多くの人気モデルがラインアップされていますが、その中で最も人気が高いのは、やはり「デイトナ」でしょう。

いつの時代も男性の憧れとして君臨し続けており、新旧問わず高価買取が行われています。

今回はそんなデイトナの代表的モデル 「116500LN」「1165200」「16520」の買取相場の推移や、高値で取引される個体について解説致します。

 

ロレックス デイトナ 116500LN ホワイトの買取相場・価格

ロレックス デイトナ 116500ln ホワイト

製造期間:2016年~

ロレックス デイトナの最人気モデル116500LN ホワイト。

歴代のデイトナはブラックの方が人気でしたが、黒く艶やかなセラミックベゼルが採用された今作においては、ベゼル・ダイヤル・インダイヤルのコントラストが美しいホワイトに人気が集まっています。

116500LN ホワイトは2016年に発表された直後から既にプレミア価格。そのうち相場が落ち着くであろうと予想されていましたが、落ち着くどころか相場は上昇しつづけています。

 

コスモグラフ デイトナ 116500LN 買取相場

付属品 買取金額(平均値)
2016年1月 箱/保証書 有 ~約161万円
2016年6月 箱/保証書 有 ~約167万円
2017年1月 箱/保証書 有 ~約182万円
2017年6月 箱/保証書 有 ~約208万円
2018年1月 箱/保証書 有 ~約218万円
2018年6月 箱/保証書 有 ~約222万円
2019年1月 箱/保証書 有 ~約230万円

 

グラフを見たらお分かりいただけると思いますが、116500LNの買取価格は綺麗な右肩上がりとなっています。

そして、その買取金額の上昇率は尋常ではありません。

2016年1月時点の買取価格は約167万円ほどでしたが、2018年6月には約222万円まで跳ね上がっています。

2018年末においてもその相場は衰えを知らず、2019年1月時点では230万円へと相場は高騰しました。

 

ただ、価格高騰のピークは越えた印象があり、1月末辺りから少し相場を落としているのが現状です。

売り切るなら今がチャンスかもしれません。

 

ロレックス デイトナ 116500LN ブラックの買取相場・価格

ロレックス デイトナ 116500ln ブラック

製造期間:2016年~

現行デイトナはホワイトがデイトナの顔として扱われていますが、スタイリッシュな美しさを誇るブラックも魅力に溢れています。

 

コスモグラフ デイトナ 116500LN 買取相場

付属品 買取金額(平均値)
2016年1月 箱/保証書 有 ~約162万円
2016年12月 箱/保証書 有 ~約161万円
2017年1月 箱/保証書 有 ~約175万円
2017年6月 箱/保証書 有 ~約195万円
2018年1月 箱/保証書 有 ~約204万円
2018年6月 箱/保証書 有 ~約214万円
2019年1月 箱/保証書 有 ~約218万円

 

ホワイトと同じく、ブラックの買取価格も右肩上がりです。2016年1月では約162万円の買取価格でしたが、2019年1月には約55万円アップの約218万円まで上昇しています。

ホワイトとブラックを比較すると、2019年1月現在では約10万円ほどホワイトの方が買取金額が高いという結果になりました。

 

ロレックス デイトナ 116520 ホワイトの買取相場・価格

ロレックス デイトナ 116520 ホワイト

製造期間:2000年~2016年

1世代前のデイトナ 116520。15年以上にも及ぶロングセラーモデルとして、長い間時計ファンに親しまれてきたモデルです。

現行の116500LNと大きなスペックの差はありませんが、116520はステンレスベゼル・シルバーのインダイヤルという明確なフェイスの違いがあります。

どんなシーンでも使いやすいシンプルなデザインは幅広い年齢層から支持されており、需要が尽きることはありません。

 

デイトナ 116520 ホワイト 買取価格

付属品 買取金額(平均値)
2016年1月 箱/保証書 有 ~約108万円
2016年6月 箱/保証書 有 ~約119万円
2017年1月 箱/保証書 有 ~約129万円
2017年6月 箱/保証書 有 ~約146万円
2018年1月 箱/保証書 有 ~約154万円
2018年6月 箱/保証書 有 ~約170万円
2019年1月 箱/保証書 有 ~約195万円

 

2016年に発売された116500LNの影響を受け、旧デイトナとなった116520の買取価格も一気に高騰。2019年1月の時点で買取価格は約2倍に膨れ上がりました。

デイトナといえば116520というイメージを持たれている方は今尚多く、今後も高い相場をキープしそうです。

 

 

レアモデル:クリームダイヤル(アイボリーダイヤル)はさらに買取価格が高い

デイトナ 116520 アイボリー

コレクターの間で「クリームダイアル」と呼ばれる希少価値の高い116520。

2003年から2004年に製造されたK、Y、F品番に散見されるダイアルで、製造時はホワイトでしたが、時間経過とともに徐々にクリーム色に変化した個体です。変色理由は文字盤製作時のカラー付けに、時間の経過により色が変わってしまう性質の着色料を使用したことが原因とされています。

色味によってクリームダイヤルと呼ばれたり、アイボリーダイヤルと呼ばれたりもしますが、どちらも同じ個体を意味する言葉であることには変わりありません。

一見、査定基準としてはデメリットに思えますが、逆にそれが希少な白文字盤のデイトナとして評価されています。

 

 

マイナーチェンジによる個体差

15年以上にも及ぶロングセラーモデルとなった116520には様々なマイナーチェンジが施されました。

そのため、116520は製造年によってデザインや仕様が異なります。

 

■2002年:ベゼルのタキメーター刻印が変更

■2006年:ルーレット刻印が施される

■2007年:ヒゲゼンマイがブルーパラクロムに変更

■2008年:バックルの仕様変更

116520 バックル

左:旧型 ロゴ無 右:新型 上下にあそびがあり、ロゴ有

 

■2010年:インダイヤルの枠の色の変更

■2011年:ROLEXロゴの文字盤フォントがやや太くなる

■2013年:ルミノヴァからクロマライトに夜光塗料が変更

■2015年:バックルの中板が鏡面仕上げに変更

116520 バックル

左:旧型 梨地バックル 右:新型 鏡面仕上げ

 

毎年のようにマイナーチェンジが施された116520ですが、仕様が新しければ新しいほど買取価格が高くなります。ルーレット刻印がない個体よりはある個体の方が高く、旧バックルよりも新バックルの方が高いといった具合です。

特に2008年の旧バックルと新バックル、2015年のバックル中板の仕上げの差は買取価格に大きく関わります。

最新であればあるほど買取額が高くなるというイメージをもっておけば良いでしょう。

 

ロレックス デイトナ 116520 ブラックの買取相場・価格

ロレックス 116520 ブラック 買取推移

製造期間:2000年~2016年

116500LNはホワイト優勢の人気でしたが、116520に関してはホワイトよりもブラックの方が人気です。

これぞレーシングウォッチといわんばかりのスタイリッシュなフォルムに加え、男らしいステンレスベゼルと黒文字盤のコントラスト。

116520 ブラックはデイトナ人気を支えてきた傑作の一つです。

 

デイトナ 116520 ブラック 買取価格

付属品 買取金額(平均値)
2016年1月 箱/保証書 有 ~約121万円
2016年6月 箱/保証書 有 ~約132万円
2017年1月 箱/保証書 有 ~約135万円
2017年6月 箱/保証書 有 ~約151万円
2018年1月 箱/保証書 有 ~約164万円
2018年6月 箱/保証書 有 ~約175万円
2019年1月 箱/保証書 有 ~約195万円

 

116520において圧倒的な人気を持つブラックですが、相場をみるとホワイトとそこまで大きな差はありません。2016・2017年では10万円弱の価格差がありましたが、2018年6月時点では約5万円程度に差が縮まっています。

その後2019年1月時点ではほぼ差がなくなっており、現在はホワイトもブラックも同等の評価を受けているといって良いでしょう。

尚、仕様が新しいほど買取価格が高くなることはホワイトもブラックも一緒です。

 

ロレックス デイトナ 16520 ホワイトの買取相場・価格

ロレックス デイトナ 16520 ホワイト

製造期間:1988年~2000年頃

2世代前のデイトナRef.16520。

クロノグラフの最高峰ムーブメントとして名高いエルプリメロをベースに改良されたCal.4030を搭載していることもあり、未だに根強い人気を誇るモデルです。

 

デイトナ 16520 ホワイト 買取価格

付属品 買取金額(平均値)
2014年 箱/保証書 有 ~約85万円
2015年 箱/保証書 有 ~約100万円
2016年 箱/保証書 有 ~約123万円
2017年 箱/保証書 有 ~約202万円
2018年 箱/保証書 有 ~約210万円
2019年 箱/保証書 有 ~約280万円

 

デイトナのステンレスモデルはどのモデルも右肩上がり。価値が下がることを知りません。

2014年では約80万円だった買取価格は2016年~2017年にかけて急上昇し、2世代前のモデルにも関わらず200万円を超える買取相場となりました。

2018年に入ってからは安定的な相場となっており、2019年1月には遂に280万円に達しています。

 

16520はブラックに人気が集中していたため、これまでは約10万円ほどホワイトの方が安い傾向にありました。

しかし、116520と同様に2019年1月時点ではどちらも差がなくなっており、ブラックよりもホワイトの方が相場が上昇した印象があります。

 

 

最終品番P番は激レア!

ロレックス コスモグラフ デイトナ P番 16520

ロレックス コスモグラフ デイトナ P番 16520

P番は16520の最終品番であり、通常の年間製造本数より遥かに少ない希少品です。

その価値は非常に高く、箱/保証書ありで買取価格はなんと約350万円!(2018年6月現在)

勿論時計の状態や日々の相場変動によって買取価格は大きく変わりますが、基本的には他の品番より1.5倍近い買取価格となります。

尚、P番の一つ前の品番であるA番も価値が高まっているので、こちらをお持ちの方も十分高価買取が可能です。

 

 

メーターが「200」「225」の個体は激レア!

16520のタキメーターベゼルは通常400メーターとなっていますが、R番・L番の一部個体は200メーター・225メーターになっています。

デイトナ 16520

この個体は1988年~1990年に製造された個体にしか見受けられないため、市場で出回るのはごく稀です。

もし手持ちのデイトナのベゼルが「200」か「225」の場合は高価買取が見込めますので、是非一度チェックしてみてください。

 

ロレックス デイトナ 16520 ブラックの買取相場・価格

製造期間:1988年~2000年頃

ロレックスが唯一自社以外の自動巻きムーブメントを搭載したことが話題となったデイトナ「16520」。 このモデルはデイトナの第四世代にあたり、今尚輝きを放ち続けるデイトナの人気モデルです。

今まで手巻き式であったデイトナが初めて自動巻きに。更にインデックスやインダイヤルの変更、SSベゼルへ一本化、高級ステンレスである904Lステンレススチールの採用など、フルモデルチェンジとも言える大きな変更が行われたモデルとしても知られています。

 

デイトナ 16520 ブラック 買取価格

付属品 買取金額(平均値)
2014年 箱/保証書 有 ~約102万円
2015年 箱/保証書 有 ~約118万円
2016年 箱/保証書 有 ~約105万円
2017年 箱/保証書 有 ~約180万円
2018年 箱/保証書 有 ~約270万円
2019年 箱/保証書 有 ~約280万円

 

2014年の相場である100万円から2018年現在は270万円となんと3倍に迫る勢い!中でも最終品番付近のA番~P番の個体は高値で取引されています。

しかし、今までは評価が低かったR番~L番も評価は年々高まっており、買取価格の上昇率で言えばA番~P番を上回ります。

Ref.16520は製造期間が長かったこともあり数多くのマイナーチェンジが行われ、同じ16520でも製造年によって様々な違いがあります。 今後再評価される個体が出てくることも十分に考えられる為、依然注目度の高いモデルと言えます。

 

ただ、250万円~280万円の相場をピークに2018年後半以降は相場が横ばい続きです。

116500LNや116520が徐々に相場が落ち始めたことを考えると、16520も今がピークの可能性があります。

 

 

初期型 Ref.16520だけにみられる希少文字盤「逆6文字」

ロレックス コスモグラフ デイトナ X番 16520 逆6文字盤

上記の2つをよく見比べて見ると、左の16520は積算計の「6」の数字が逆さまになってしまっているのがお分かり頂けるかと思います。

こういったロレックスのエラーのある個体は珍しく、通常のものよりも高い価値が付きます。
厳しいクオリティーコントロールが行われているロレックスだからこそ生まれる価値と言えるかもしれません。

 

 

希少!?インダイヤルが茶色く変色した「ブラウンアイ」

16520ブラウンアイ

通称ブラウンアイ(パトリッツィ)と呼ばれるこのモデルは、白いインダイヤルの部分がブラウンに変色した個体を指します。主にS(1994年)からW(1995年)番のモデルに多く見られ、変色の度合いは様々ですがブラウンがより濃いものが高い評価を受けます。

 

 

ひょっとしてあなたのロレックスも・・・

お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、高値の付くものの特徴として、製造期間が短いことやオリジナルに手を加えられていないものが、価値が高まる傾向にあります。

もし、買取をご検討されている方は、是非一度、当店にご相談下さい。

 

ロレックス デイトナ買取実績

ロレックスの高価買取モデル一覧

来店での買取りはこちら

宅配での買取りはこちら

 

あわせて読みたい関連記事

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
買取査定金額10%UP RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ 交通費キャンペーン

ロレックスのブログ一覧


バーゼルワールド2019
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング

 

お勧めアイコン
おすすめ記事

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

ページトップへ