• Twitter
  • Instagram
  • line
  • Facebook
  • weibo
  • WeChat

オーデマピゲ, 価格高騰モデル, 時計買取, 買取相場

オーデマピゲ ロイヤルオークの買取相場2021。価格改定・15400STの生産終了でどう変わる?

ロレックスやパテックフィリップと並び、多くの業者が積極買取を行っているのがオーデマピゲ ロイヤルオークです。
当店でも、近年のロイヤルオーク15300STと15400ST、そして2019年新作として発表された15500STには特に力を入れており、キャンペーンを設けて高価買取を長らく行ってきました。

このまま売り手市場を謳歌すると思われるロイヤルオークですが、2020年にかけて、激動とも言える相場情勢を描いてきました。

その要因は様々です。まず、SIHH2019で15400STの後継にあたる新作・15500STが登場したこと。そしてしばらく併売された後、長年愛され続けてきた15400STがいつの間にか生産終了したことが大きな影響を与えたと考えられます。

さらに、2020年に引き続き2021年にも、オーデマピゲで価格改定が敢行されることとなりました。しかも年明けすぐと、9月の二度に及んでおり、その上昇率は決して小さくありません。

この生産終了劇に加えて価格改定となると、またオーデマピゲの相場が大きく動く可能性があります。

15400STおよび15500STの買取相場はどう動くのか?今売るべきか、まだ待ちか!?そして、じょじょに国内市場に出回ってきた15500ST系の今後の実勢相場はどうなる!?

2021年のオーデマピゲの買取相場を、ロイヤルオーク 15400ST・15500STを主軸として考察してみました!

※ステンレス製ロイヤルオークが対象となります。

※掲載する情報は2021年9月現在の情報となります。

※相場は流動的なものとなり、ロイヤルオークの高額買取をお約束するものではありません。参考程度にお読みください。

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 買取相場

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400STと15500ST比較

ロイヤルオークはご存知の通り、オーデマピゲのフラグシップであり、ラグジュアリースポーツウォッチという概念を築き上げた傑作です。
スポーツウォッとは思えない薄型設計で、スポーティーと美しさの調和が本当に素晴らしいですね。

新品・中古問わず非常に買取需要が高く、特に2012年に登場したステンレス製15400STの黒・青・シルバー文字盤の三モデルは、現行でありながら正規店ではなかなか手に入りません。

多くの時計専門店が在庫確保に躍起になり、結果買取相場を吊り上げている状態です。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 2019年買取相場

 

このように長くロイヤルオークの看板役でしたが、SIHH2019で後継機にあたる15500STが登場しました。

後継機とは言っても15400STは即時生産終了しているわけではなく、2019年は併売されました。

いつまで併売が続いていたかは定かではありませんが、2020年明け、オーデマピゲのカタログから15400STの姿が突如として消えます。そう、生産終了が決定しました。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 2019年新作

既存の15400STと新作15500STを比較してみましょう。

※定価は2021年9月現在のものとなります。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400STのDATA

 

ケースサイズ:幅41mm×厚さ9.8mm
素材:ステンレススティール
文字盤:黒・青・シルバー(2017年よりグレー追加)
ムーブメント:自動巻きCal.3120、21,600振動/時
パワーリザーブ:60時間
防水性:50m
定価:2,035,000円(税込)

 

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500STのDATA

 

ケースサイズ:幅41mm×厚さ10.4mm
素材:ステンレススティール
文字盤:黒・青・グレー・シルバー
ムーブメント:自動巻きCal.4302、28,800振動/時
パワーリザーブ:70時間
防水性:50m
定価:2,805,000円(税込)

 

15400STと15500STの比較

オーデマピゲ ロイヤルオーク

左が従来のロイヤルオーク15400ST、右が新作15500STです。

 

パッと見だと、大きな違いはありません。

15300T⇒15400STになった折はケースサイズが変化(39mm⇒41mm)し、15300派と15400派で分かれることとなりましたが、今回はサイズは据え置き。

しかしながらムーブメントが一新されています。

オーデマピゲ ロイヤルオーク 裏蓋

※新ムーブメントCal.4302

15300ST時代から3針ロイヤルオークにはお馴染みであったCal.3120ではなく、新型自社製自動巻きムーブメントCal.4302を搭載。これは、今年最も大きな話題となったオーデマピゲ新作CODE11.59のために開発されたキャリバーです。

振動数がアップし、パワーリザーブも約10時間延長することとなりました。

これに伴いパーツが増加し、ムーブメントが大型化。併せてケース厚も0.6mmボリュームが出ています。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500ST

 

パッと見は変わらないと述べましたが、デザイン面でもやや変化を見せております。

文字盤のデイト窓がやや外周よりに。インデックスや針にボリュームが出ることとなりました。

さらに言うと新ムーブメントの搭載によって新作15500STは厚みが増していることも特筆すべき点です。

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST

もちろん増した、といっても0.6mm。誤差の範囲と言っていいかもしれません。しかしながら装着してみると結構違いが出るもの。

賛否両論分かれるポイントであることは間違いありません。

 

定価はムーブメント変更もあり、15400STと比べると15500STは162,000円アップ(その後2020年に15500STは165,000円値上げで2,365,000円、そして2021年に2,530,000円⇒2,805,000円へ)

以上がオーデマピゲ ロイヤルオークの旧作・新作の目立った違いとなります。

 

ロイヤルオークの買取価格

2021年1月現在の当店での買取価格は以下の通りです。(※キャンペーン期間価格)

 

15400STの買取相場

■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 黒文字盤

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 黒文字盤

中古買取価格:4,200,000円

 

■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.03 青文字盤

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 青文字盤

中古買取価格:4,800,000

 


■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 シルバー文字盤

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 白文字盤

中古買取価格:3,800,000

 

 

15500STの買取相場

次に、2021年1月現在の15500STの、当店での買取価格は以下の通りです。(※キャンペーン期間価格)

 

■ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01

買取価格:6,000,000円

 

■ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.02

ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.02

買取価格:4,000,000円

 

■ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.03

ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.03

買取価格:4,000,000

 

青文字盤が筆頭にきて、黒⇒シルバー(新型であれば黒・グレー同率)という順序となりますが、いずれもステンレス製スポーツウォッチとしてはかなり高額な買取価格をご提示させていただいております。

なお、どのモデルも、ほんの一年前よりも100万円以上も買取価格が上昇しています。

 

旧型と新型を見比べてみると、新型の方が買取価格が高いことが見えてきます。

よくロレックスなどは「生産終了したモデルの相場が上がる」と言われますが、これは大変稀有な例。大体はスペックアップした新型の方に需要が集まる傾向にあります。

では今後、生産終了した15400STの方は価格が上昇しないのか?と言われるとそうでもありません。むしろこの一年間で15500STを超える上昇率で価格高騰しており、買取相場に至っては肉薄する勢いです。

この要因はいくつか考えられますが、15400STの流通量が生産終了によって減ってきていることがまず挙げられます。

確かにロレックスのような急騰は見られないとは言え、オーデマピゲのような超人気のハイブランドの個体は、生産終了することで希少性がにわかに高まり(今も稀少ですが)、相場を一気に上昇させるポテンシャルを秘めています。依然として高すぎる需要もこの稀少価値を押し上げていると言えるでしょう。

こんな背景もあり、2020年・2021年は売りか・待ちか?15400STおよび15500STの2021年買取相場動向を予想してみます。

 

※なお、2020年に15500STにシルバー文字盤 Ref.15500ST.OO.1220ST.04が追加されました。まだ流通しきっていない状態ですが、当店での買取価格が決定次第、当店ホームページまたは当記事にてご紹介させていただきます。

 

2021年 オーデマピゲの買取相場動向

それでは東京 銀座にサロンを構えるGINZA RASINの時計買取スタッフが、2021年のオーデマピゲの買取相場を考察してみました!

 

2021年の買取相場動向①15400ST・15500STともに相場上昇がすごい

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST

ちょうど二年前、15500STがオーデマピゲよりリリースされた段階でもオーデマピゲの買取相場を考察いたしました。

当時は「新作15500STの存在が15400STの相場を脅かす」、と申し上げたものです。

それは前項でも簡単に言及しておりますが、新作・旧作とあまり外観の違いがないため、併売されることになれば新作に需要が流れ、15400STの相場が下がる可能性があるためです。

過去、マイナーチェンジが行われた有名モデルで、外装面にあまり違いがないものは相場が大きく動かない、ということは珍しくありませんでした。例えばロレックスのシードゥエラー ディープシーが新作126660を登場させて話題となりましたが、デザインはほとんど変わっていなかったためまだそれほど旧作のプレミアム化は見られていません。

15500STの変更点の大きなところはムーブメントに集約されるので、あるいはスペックアップした新作人気が継続的に続いて、15400STから需要が流れることは想像しやすいでしょう。

事実、15500STの相場高騰は新作発表から二年以上が経つ今なお青天井の状態です。

オーデマピゲ ロイヤルオーク

 

一方で、15400STもまた過去類を見なかったほど高い相場を記録しており、しかも現在も更新中であるためです。

各モデルの2021年1月現在の、販売相場は以下の通りです。

※当店で販売した中古ベースの相場となるため、実際の価格は状態や付属品の有無によって変動いたします。

 

■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.01 黒文字盤
販売相場:480万円台~

■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02 シルバー文字盤
販売相場:470万円台~480万円台

■ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.03 青文字盤
販売相場:580万円前後~

 

15500STの大体の販売価格はこちら。

■新型ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01 青文字盤
販売相場:700万円前後~


■新型ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.02 グレー文字盤
販売相場:500万円台~


■新型ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.03 黒文字盤
販売相場:530万円前後~

 

新型の15500STは言わずもがな。

さらには15400STもまた、過去類を見なかったほど高い相場を記録しています。さらにその上昇率が凄まじく、一年前と比較すると下記の通りとなっています。

 

◆15400ST.OO.1220ST.01 黒文字盤

171%(2020年9月時点ではだいたい280万円程度)

 

◆15400ST.OO.1220ST.02 シルバー文字盤

167%(2020年9月時点ではだいたい280万円程度)

 

※15400ST.OO.1220ST.03は2020年1月時点でのデータが少なかったため割愛。

 

多少のアップダウンはあったものの、15400STは2019年5月あたりから、相場がどんどん上昇しており、右肩上がりのグラフを描いてきました。

とりわけ2021年明けからは、一挙に300万円ラインを突破し、現在ではこの当時よりも数十万円~値上がりしています。

ちなみに2019年の段階では、まだ15400STと15500STは併売されていました。にもかかわらず、15400STが早い段階から相場上昇。その伸び率は凄まじいものがあることをおわかり頂けるでしょう。

すなわち、15400ST・15500STどちらかに需要が流れるのではなく、ともに高い需要に下支えされる形で相場高騰を遂げていることがわかります。

 

2021年の買取相場動向②15400STの流通量が生産終了によってますます減少する

ロイヤルオーク 15500ST

出典:https://www.instagram.com/audemarspiguet/

15400STは2012年から製造されてきたため、決して製造数が少ないわけではありません。しかしながらその流通量は枯渇していると言っていい状況です。もっとも、枯渇しているがゆえに需要に全く供給が追い付いておらず、現在のような相場を築いているわけですが・・・

15500STが出た時点で廃盤になるのはわかりきっていたことです。異なるムーブメント・ケースを同時に生産することはメーカーにとってコストがかかるためです。

恐らくオーデマピゲは、2019年の一年間を通して15400STの製造量を抑えていたことでしょう。あるいは在庫処分期間だったのかもしれません。

そんな中で、依然として高い人気を誇る15400STが、供給だけ減った状態・・・流通量が枯渇する理由がおわかりいただけるでしょう。

そして2020年の生産終了によって、ますます流通量が減り、かつ「稀少性の高くなった15400STを買っておこう」という方々がますます増える・・・そんなマインドを受けて、2020年は当店の販売部でも15400STが非常によく売れた一年となりました。

そのため、15400STは、近年類を見ない「売り手市場」を謳歌していると言っていいのではないでしょうか。

ちなみに新型コロナウイルスの影響で海外仕入れがしづらい2021年明け現在、多くの業者は個人買取りに力を入れています。とりわけロイヤルオークのような「絶対に在庫を切らせない」モデルはなおのこと。

こういった世相がますます15400STの買取相場を下支えしている状況が続きます。

 

2021年の買取相場動向③新作の定価値上げに15400ST・15500STの買取相場が引っ張られる

オーデマピゲ ロイヤルオーク

実は2020年~2021年にかけて、多くのブランドが価格改定と言う名の値上げを敢行しています。

ロレックス、チューダー、パテックフィリップ、そして本項でご紹介しているオーデマピゲ・・・

ことオーデマピゲに至っては、2020年明けてすぐ、ロイヤルオーク 15500STでなんと16万円も値上がりしており、15400ST時代と比べると30万円以上の価格差に・・・!

さらに2021年明けに7%ほど、続く2021年9月に10%超の値上げが再び敢行され、15500STはさらに2,805,000円(税込)となりました。

 

あわせて読みたい関連記事

 

買取相場が上がる要因は様々ですが、一つに「ブランドの定価が上がる」というものがあります

15400ST自体は生産終了ですので定価に縛られることはなくなりますが、15500ST(だけではありませんが)の定価が上がり、それに比例して相場が上がると、釣られて15400STもどんどん買取相場が上昇する可能性は高いです。

もちろん相場というのは不安定なもので、断言できるものではありませんが、今後もこの傾向が続いてくとみられています。

そう考えると、2021年以降、むしろ「売り時」の本番になるのではないか、そんなバイヤーからの声も聞こえてきます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

2021年の買取相場動向④シルバー文字盤の存在

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST

実は、新作15500STに、シルバー文字盤はラインナップされていませんでした。

定番の黒・青の他、2017年に15400STに追加されたグレー文字盤が新作にも登場していたのですが、実質シルバーは41mmサイズのSSロイヤルオークでは廃盤と思われていました。

そのため、15400ST時代のシルバー文字盤がプレミア化を遂げるのでは、と騒がれておりました。

しかしながら2020年、カタログを見ると15500STにシルバー文字盤のラインナップがひっそりと追加されているのです!!

要望が多かったのでしょうか。シルバーが良い!という層は少なくありません。

 

なお、今の時点では15400STの相場が全体的に上がっており、シルバー文字盤だけが上がったり下がったりしている、と言った様相はありません。

ロイヤルオーク 2020年新作 シルバー文字盤

出展:https://www.audemarspiguet.com/jp/

そうは言ってもロイヤルオークのシルバー文字盤は他社のそれに比べれば大変な人気です。

また、黒や青にはないドレッシーさ、上品さがロイヤルオークの「ラグジュアリースポーツウォッチ」というコンセプトによくマッチしており、シルバー文字盤でなければならない、といった方々もいるほど。

シルバー文字盤もまた、近年類を見ないような高騰を遂げています。

買取に躍起になる専門店は全国各地に見られます。

そのため、高い価格を維持するシルバー文字盤は、新作によって注目度を集めていることも相まって、かつてないほど売り時を迎えていると言っていいでしょう。

 

 

結局2021年、ロイヤルオークは売りか待ちか?

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15500ST

出展:https://www.facebook.com/audemarspiguet/?ref=page_internal

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400STおよび15500STの買取相場は2020年・続く2021年にどう動くかを考察いたしました。

結局、2021年、ロイヤルオークは売るべきなのでしょうか、それとも様子見なのでしょうか。

 

腕時計相場は安定するものではなく、日々変動しています。
そのため、絶対に今が売り時、ですとか、買い時、といったことは断言できません。

ただ、15500STの発表から一年が経過し、かつ15400STの生産が終了した・・・このご時世にさらにロイヤルオークに注目が集まっている今というのは、一つの節目なのかな、とは思います。

事実、15400STに目を向けてみると、かつてないほどの相場を維持しているのは前述の通りです。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST

 

一方で売りたい時が売り時とも申します。
もし今ロイヤルオークを愛用しているのであれば、そのまま大切にお使いいただくことをお勧めします。

そして別の時計が欲しくなった・・・そんな時に売るという選択肢ができるのが、時計ならではのだいご味ですね。

当店GINZA RASINでは、オーデマピゲ製品の豊富な販売ルートを確保しており、常時他店よりも高額買取を積極的に行っていると自負しております。

相場やモデルにかかわらず、オーデマピゲの売却についてはぜひ一度お問い合わせください!

 

まとめ

人気のオーデマピゲ ロイヤルオークの、15400STおよび15500STの2021年買取相場動向。そして売り時について考察いたしました。

2021年は以下のことが考えられます。

①15400STの生産終了も相まって、流通量が激減・相場が上昇中
②新型コロナウイルスの影響による個人買取強化
③15500STを始めとしたオーデマピゲの定価上げも見逃せない・・・
④シルバー文字盤は青文字盤に比べればプレミア相場ではないものの、現状高い伸び率を記録している

そうは言っても繰り返しになりますが売りたい時が売り時です!

どうしようか迷ってしまう・・・そんな方は一度お気軽にお問い合わせください!
当店ではスマートフォンでのかんたんLINE査定など、気軽に査定をご利用いただけますので、納得の金額が出たら売る、というのもアリですよ!

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

新美 貴之(にいみ たかゆき)

  • (一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
  • 高級時計専門店GINZA RASIN リテール(本店、ナイン店)商品管理、メンテナンス マネージャー

1975年生まれ・愛知県出身。大学卒業後、ロレックス専門店に入社。販売・仕入れに長年従事した。
その後、並行輸入商品の幅広い商品の取り扱いや正規代理店での責任者経験を経て、2017年にGINZA RASINに入社。
店舗運営や商品管理・メンテナンスを統括し、社員教育にも力を入れている。時計業界歴23年。

監修記事一覧 >>監修者一覧 >>

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
宅配買取キャンペーン RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WEBマガジン

オーデマピゲのブログ一覧


宅配買取キャンペーン
WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング
お勧めアイコン
おすすめ記事


ページトップへ