• Twitter
  • Instagram
  • line
  • Facebook
  • weibo
  • WeChat


ロレックス, 時計買取

【2020年】ロレックスの中で買取率が高いモデルBEST10!【最新版】

時計界の王者ロレックス。

圧倒的な知名度とステータス性を誇るロレックスは、無数に存在する高級ブランドの中で最も高い買取率を誇ります。

 

今回は東京銀座にある腕時計専門店GINZA RASINの2020年1~5月の平均販売金額と平均買取金額を基に、ロレックスの中で最も買取率が高いモデルを算出してみました!

買取率とは簡単に言うと換金率で、購入金額の何割で買い取られたか、というもの。例えば100万円で購入したものが50万円で買取されたら、その品の買取率は50%ということになります。

つまり、買取率が高ければ高いほど、資産価値・リセールバリューに優れたモデルである、ということです。

今所有しているロレックス、どれくらいお得に売れるかぜひチェックしてみてくださいね。

ロレックス 買取率

 

※買取金額は外装や内部機械の状態、文字盤やバックルの新旧、付属品の有無など個体に応じて変動いたします。また為替相場や国内での流通量の影響も受けますので参考程度にお読み下さい。

※販売金額はUSED品の平均販売金額です。中古品での購入を前提としており、新品購入の場合はもう少し換金率が下がることとなります。また、買取金額同様、個体に応じて金額は変動いたします。

 

モデル画像 モデル名 平均買取価格 平均販売価格 買取率
ロレックス GMTマスターII 126710BLNR GMTマスターⅡ 126710BLNR ブラック 1,212,000円 1,546,000円 78.4%
126710BLRO GMTマスターⅡ 126710BLRO ブラック 1,552,000円 1,847,000円 84.0%
126711CHNR GMTマスターⅡ 126711CHNR ブラック 1,463,000円 1,835,000円 79.7%
116710BLNR GMTマスターⅡ 116710BLNR ブラック 1,169,000円 1,609,000円 72.7%
116710LN GMTマスターⅡ 116710LN ブラック 960,000円 1,246,000円 77.0%
16710 GMTマスターⅡ 16710 ブラック 855,000円 1,239,000円 69.0%
16713 GMTマスターⅡ 16713 ブラック 730,000円 1,149,000円 63.5%
116900 エアキング 116900 ブラック 550,000円 696,000円 79.0%
214270 エクスプローラーⅠ 214270 最新型 ブラック 609,000円 770,000円 79.1%
216570 エクスプローラーⅡ 216570 ブラック 780,000円 950,000円 82.1%
216570 エクスプローラーⅡ 216570 ホワイト 760,000円 934,000円 81.4%
16570 エクスプローラーⅡ 16570 ブラック 510,000円 724,000円 70.4%
16570 エクスプローラーⅡ 16570 ホワイト 500,000円 774,000円 64.6%
16610 サブマリーナ デイト 16610 ブラック 670,000円 902,000円 74.3%
16613 サブマリーナ デイト 16613 ブルー 690,000円 1,159,000円 59.5%
116610LV サブマリーナ デイト グリーンベゼル 116610LV グリーン 1,245,000円 1,488,000円 83.7%
116610LN サブマリーナ デイト ブラックベゼル 116610LN ブラック 880,000円 1,163,000円 75.7%
116613LN サブマリーナ デイト ブラックベゼル 116613LN ブラック 1,170,000円 1,427,000円 82.0%
116613LB サブマリーナ デイト ブルーベゼル 116613LB ブルー 1,210,000円 1,466,000円 82.5%
114060 サブマリーナ ノンデイト 114060 ブラック 783,000円 988,000円 79.3%
14060M サブマリーナ ノンデイト 14060M ブラック 605,000円 922,000円 65.6%
126600 シードゥエラー 126600 ブラック 1,132,000円 1,529,000円 74.0%
126660 ディープシー 126660 ブラック 950,000円 1,317,000円 72.1%
126660 ディープシー 126660 ブルー 1,100,000円 1,597,000円 68.9%
116200 デイトジャスト 116200 ブラック 385,000円 591,000円 65.1%
116500LN デイトナ 116500LN ブラック 1,943,000円 2,466,000円 78.8%
116500LN デイトナ 116500LN ホワイト 2,244,000円 2,717,000円 82.6%
116503 デイトナ 116503 ブラック 1,320,000円 1,913,000円 69.0%
116520 デイトナ 116520 ブラック 1,550,000円 2,245,000円 69.0%
116520 デイトナ 116520 ホワイト 1,520,000円 2,130,000円 71.4%
126622 ヨットマスター 126622 ブルー 1,070,000円 1,243,000円 86.1%
116622 ヨットマスター 116622 ブルー 905,000円 1,216,000円 74.4%
116621 ヨットマスター 116621 ブラウン 1,100,000円 1,312,000円 83.8%
16622 ヨットマスター ロレジウム 16622 シルバー 460,000円 902,000円 51.0%

 

ロレックスの中で最も買取率が高いモデル GMTマスターII 126710BLRO

GMTマスターII 126710BLRO

平均買取額:約 1,552,000円

平均販売額(USED品):約 1,847,000円

買取率:84.0%

 

ロレックスの買取率トップに輝いたのは、新型GMTマスターII 126710BLROです。

バーゼルワールド2018においてリリースされたモデルで、新世代ムーブメントCal.3286を搭載させたこと。そして通称ペプシとも呼ばれる、赤青ツートンカラーの回転ベゼルを搭載させたことが特徴です。この仕様によって、発売時からきわめて高い注目を浴びておりました。

リリースから約二年が経過しますが、今なおロレックスの中でトップの買取率を誇ります。定価は1,020,800円ですが、それを大きく上回る平均買取額となっております。

 

なお、翌年に発売されたGMTマスターII 126710BLNRは、BEST10にはランクインしなかったものの、高い買取率を誇ることを示しておきます。

GMTマスターII 126710BLNR

126710BLNRの買取率は以下の通りとなります。

平均買取額:約 1,212,000円

平均販売額(USED品):約 1,546,000円

買取率:78.4%

 

GMTマスターII 現在の買取価格はコチラ

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第2位 ヨットマスター 116621

ヨットマスター 116621 ブラウン

平均買取額:約 1,100,000円

平均販売額(USED品):約 1,312,000円

買取率:83.8%

 

第2位にランクインしたのは、40mmサイズのヨットマスターです。

ヨットマスターはロレックスのマリン系スポーツウォッチですが、ダイバーズウォッチではなく「優雅なヨッティングを楽しむ」というコンセプトを持つシリーズです。

シリーズ全体を通してゴールドまたはプラチナが使用されていることが特徴え、こちらのエバーローズゴールド×ステンレススティールのロレゾールヨットマスターは2016年にラインナップに追加されました。

2019年より新型ムーブメントに移行したことでリファレンスが126621へと変わりましたが、外装面では大きな変化がなかったため、変わらず高い買取率を誇っています。

 

なお、上記買取率はブラウン文字盤(チョコレートダイアル)で算出しておりますが、同期にあたるブラック文字盤も、買取率に大きな違いはありません。

ヨットマスター 116621 ブラック文字盤

 

ヨットマスター 現在の買取価格はコチラ

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第3位 サブマリーナ グリーンサブ 116610LV

ロレックス サブマリーナ グリーンサブ 116610LV

平均買取額:約 1,245,000円

平均販売額(USED品):約 1,488,000円

買取率:83.7%

 

ロレックスを代表するダイバーズウォッチ・サブマリーナ。現行モデルの116610LVは、2010年に発売されました。

ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンがデザイン基調になっていることからグリーンサブの呼び名でも知られています。当店の販売部門でも、例年トップクラスの売れ筋を誇る、大変回転率の良いモデルです。

 

同時発売されたブラックカラーの116610LNの、買取率は以下の通りです。

サブマリーナ 116610LN

平均買取額:約 850,000円

平均販売額(USED品):約 1,163,000円

買取率:75.7%

 

サブマリーナ 現在の買取価格はコチラ

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第4位 コスモグラフ デイトナ 116500LN ホワイト

ロレックス デイトナ 116500ln ホワイト

平均買取額:約 2,244,000円

平均販売額(USED品):約 2,717,000円

買取率:82.6%

 

スポーツロレックスの最上位モデル・デイトナ 116500LNが第4位にランクインしました。

ロレックスの中でも最も知名度・人気の高いモデルで、近年のロレックス相場を牽引してきた存在でもあります。

その需要に比例して販売価格が高いため「買取率ランキング」としては4位に留まっていますが、それでも圧倒的なリセールバリューを有することは間違いありません。万が一定価で手に入れている方がいたら・・・非常に大きな買取率を達することとなるでしょう。

 

デイトナ 116500LNも文字盤カラーが二色あり、上記はホワイト文字盤から算出した買取率となります。

116500LN ブラック文字盤は、以下の通りです。

ロレックス デイトナ 116500ln ブラック

平均買取額:約 1,943,000円

平均販売額(USED品):約 2,466,000円

買取率:78.8%

 

BEST10にはランクインしていませんが、リセールバリューの高さとしてはトップクラスとなります。

こちらも万が一にも定価で購入できれば、大きな利益を手にすることができますね。

 

デイトナ 現在の買取価格はコチラ

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第5位 サブマリーナ 116613LB

サブマリーナ 116613LB 艶アリ

平均買取額:約 1,210,000円

平均販売額(USED品):約 1,466,000円

買取率:82.5%

 

こちらはステンレススティール×イエローゴールドのロレゾール(コンビ)が美しいサブマリーナです。さらに、爽やかなブルーカラーの文字盤とベゼルを用いることで、独創性溢れるダイバーズウォッチとなりました。

こちらは「青サブ」の呼び名でも知られています。

 

ちなみに文字盤に「前期型」「後期型」と二種類の仕様が存在し、前者が「ツヤなし(マット)」、後者を「ツヤ有」と区別します。

サブマリーナ 116613LB マット文字盤

※サブマリーナ 116613LB マット文字盤

現行のツヤ有はサンレイ仕上げが施されていますが、この仕様が始まった2014年頃より以前はマットタイプの文字盤でした。

現在、このマット文字盤の116613LBの方が、コンディション等にもよりますが、高い金額で売買されています。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第6位 エクスプローラーII 216570 ブラック

ロレックス エクスプローラーII 216570

平均買取額:約 780,000円

平均販売額(USED品):約 950,000円

買取率:82.1%

 

24時間針とメタルベゼルを用いて、第二時間帯および24時間表示を可能にしたエクスプローラーII。もともとよく売れるスポーツモデルでしたが、近年のロレックスフィーバーの煽りを受けて、さらに人気モデルに仕上がっております。

 

なお、エクスプローラーII 216570もまた、文字盤にブラック・ホワイトの二種類があり、上記はブラックの方の買取率となります。

ホワイト文字盤の方の買取率はこちらです。

エクスプローラーII 216570

平均買取額:約 760,000円

平均販売額(USED品):約 934,000円

買取率:81.4%

 

ただ、当ランキングは2020年1月~5月までのデータを基に算出しております。現在のエクスプローラーII 216570はブラックよりもホワイト文字盤の方が若干ですが高値で売買されておりますので、順位としては今後変動する可能性がございます。

 

エクスプローラーII 現在の買取価格はコチラ

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

買取率第7位 サブマリーナ 116713LN

サブマリーナ 116613LN

平均買取額:約 1,170,000円

平均販売額(USED品):約 1,427,000円

買取率:82.0%

 

先ほど第5位でご紹介したSS×YGコンビのサブマリーナの、ブラックタイプが第7位にランクインしました。

全ての時計ブランドに言えることですが、ブラックカラーという定番の使いやすさは、安定して需要をキープし続ける傾向にあります。こちらのサブマリーナも116613LBと同時に2009年にリリースされたロングセラーですが、幅広い層から愛され続けてきました。

ゴールドが使われたラグジュアリー感はもちろん、300m防水という堅牢性が、末永く愛用していける秘訣でもあります。

 

買取率第8位 GMTマスターII 126711CHNR

ロレックス GMTマスター126711chnr

平均買取額:約 1,463,000円

平均販売額(USED品):約 1,835,000円

買取率:79.7%

 

バーゼルワールド2018でリリースされた新型GMTマスターIIは、ステンレススティールモデルだけではありません。シリーズ初となる、こちらのステンレススティール×エバーローズゴールドのコンビもまた同時発売され、世界中できわめて高い需要を誇りました。

新作は発売からしばらく経つと相場が落ち着いてくるものですが、126710BLRO同様に、こちらの126711CHNRも二年以上経つ今なお品薄が続いています。

さらに現在買取相場が上がっており、当店でのGMTマスターII 126711CHNRの中古買取価格は160万円を提示させて頂いております。

そのため現在の買取率で算出すると、さらに高い数値を提示できるでしょう。

 

 

買取率第9位 サブマリーナ ノンデイト 114060

ロレックス サブマリーナ 114060

平均買取額:約 783,000円

平均販売額(USED品):約 988,000円

買取率:79.3%

 

サイクロップレンズ式の日付窓を持たない、シンプルでフラットなサブマリーナ ノンデイト 114060をご紹介いたします。

2012年に発売されたこちらの114060はサブマリーナの中では第七世代に当たりますが、初代から変わらぬ意匠とハイスペック精神を受け継いできたモデルとなります。

シンプルゆえに大きく価格高騰はしていませんが、サブマリーナ由来の堅牢性から経年劣化の少ない個体が多く、比較的高いリセールバリューを有していることも事実です。一大中古市場を形成しており、売りやすく買いやすいモデルの代表格です。

 

 

買取率第10位 エクスプローラーI 214270 最新型

エクスプローラーI 214270 最新型

平均買取額:約 609,000円

平均販売額(USED品):約 770,000円

買取率:79.1%

 

最後に第10位としてご紹介するのは、現行エクスプローラーI 214270です!

日付窓も回転ベゼルも持たないシンプルなデザインで、「ビジネスウォッチの王道」「メンズの定番」として語られます。

214270の誕生自体は2010年ですが、2016年にマイナーチェンジが加えられました。文字盤の仕様が変わり、インデックス3・6・9にクロマライト夜光を塗布。また、時分針も太く長くなり、視認性にチューンアップが加えられました。

 

つまりエクスプローラーI 214270には、新型文字盤と旧型文字盤が存在することとなりますが、買取価格が高いのは新型文字盤となります。リリースから四年が経ちますが、比較的状態の良い個体が多く出回っていることが理由でしょう。

ただ、新型文字盤が出回るにつれて相対的に旧型文字盤の214270の稀少性が高まり、コンディションが良好なものは新型を凌ぐケースも出てきました。

 

エクスプローラーI 現在の買取価格はコチラ

 

なお、BEST10にはランクインしなかったものの、ロレックスの人気モデルの買取率はおおむね70%台と、きわめて高いと言っていいでしょう。

 

例えば現行エアキング 116900は79%です。エクスプローラーI 214270に後塵を拝しましたが、接戦です。

エアキング 116900

 

また、旧GMTマスターIIとして一世を風靡している、116710BLNRの買取率は72.7%。

ロレックス GMTマスター 1116710BLNR

さらにそれを上回るのが、GMTマスターII 116710LNです。買取率は77%となります。

GMTマスター 116710LN

 

最後に

定番人気モデルであれば当然のごとく70%の買取率をたたき出すロレックス。さらにはトップ10ともなると、ほとんどが80%超えという驚きの数値でした。

オメガ・タグホイヤーといった人気ブランドでも60%~70%が限界である買取率をロレックスの定番モデルたちは遥かに上回ってきます。それだけ資産価値・リセールバリューにおいて強い、ということを意味していますね。

世界一のステータス性を誇るロレックスの需要が尽きることはあり得ませんので、損得だけを考えればやはりロレックスは最高の時計といえるでしょう。

 

ロレックスの買取はこちら

 

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

  • (一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
  • 高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

1982年生まれ・熊本県出身。
20代でブランド販売店に勤務していく中で、高級時計に惹かれ、その奥深さや魅力を知っていく。29歳で腕時計専門店へ転職を決意し、GINZA RASINに入社。
豊富な時計への知識を活かして販売・買取・仕入れに携わり、2018年8月にはロレックス専門店オープン時、店長へ就任した。販売・買取ともにリピーターが多い。時計業界歴16年。

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
宅配買取キャンペーン RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WEBマガジン

ロレックスのブログ一覧


宅配買取キャンペーン
バーゼルワールド2019
WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング
お勧めアイコン
おすすめ記事


ページトップへ