• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler


ロレックス, 価格高騰モデル, 時計買取, 高く売るコツ

ついに買取相場が下落?売るなら今のロレックス7選【2019】

ここ二年ほど、ほとんど全てのモデルで大幅な価格高騰を続けてきたスポーツロレックス。近年の類を見ない時計・宝飾品需要が追い風となり、史上最大とも言える買取相場を築いています。値上がり始めの頃は「こんなに高騰は続かない」「しばらくしたら価格は下落する」と言われて、はや二年。当初の予想を裏切り、ほとんど間断なく上昇し続けてきました。

 

しかしながら2019年6月に入り、一部モデルの買取相場が下がりつつあることをご存知でしょうか。
6月や7月はボーナス時期。時計店にとっては大きな繁忙期で、在庫確保のために積極的な買取を行うため、この時期の買取相場というのは普通は上がります。でも、2019年の今年、ロレックスの一部モデルについては下落傾向にあるのです。

このまま大きく下がり続けるというのは考えづらいのですが、この傾向は続くのではないかと言われてもいます。もし「使っていないロレックスがある」「リセールバリューを考えてロレックスを購入した」と言うのであれば、なるべくお早めにお売りになることをお勧めいたします。
この記事では、今大きな売り時を迎えていると言える、ロレックスのスポーツモデル7選をご紹介いたします。

ロレックス 買取相場

※買取相場は2019年7月現在のものを掲載しております。
※今後の相場や高額買取をお約束するものではございません。参考程度にお読みください。

 

 

ロレックス買取相場の現状

現在、ロレックスの買取相場に変化が兆しています。ずっと上がり調子だった価格が、必ずしも健在というわけではなくなっているのです。

もし少しでも高く売りたい、というのであれば、完全に下がってしまう前にお売りいただくことが得策です。

また、ただ買取相場が下落しているから、というだけではなく、過去類を見ないような二次流通市場の活発化が、売り時の背中を押してくれてもいます。
今売り時を迎えていると言えるロレックスモデルをご紹介する前に、現状の市場についてまず解説いたします。

 

①多くの時計店がロレックス在庫を抱えている

なぜロレックスの買取相場が下がるか?その要因は様々ですが、買取を行う時計店のロレックス在庫が豊富、というものが一つ挙げられます。

冒頭でもご紹介したように、6月や7月のボーナス時期というのは繁忙期で、多少在庫過多でも買取を行う、ということは少なくありません。特にロレックスのような、「入荷即完売」といった人気製品はその傾向が強いと言えます。そのため、買取相場もこの時期は必然的に上がるケースが多くなります。
しかしながら現在、一部モデルではこの図式が成り立ちません。

なぜなのか。それは、繁忙期であってもさばききれないような在庫を時計店が抱えている、ということが考えられます。

ロレックス 時計店 在庫

と言うのも、近年ロレックスは「転売」と呼ばれる行為がさかんで、正規店などで購入した新品をそのまま買取店に持ち込む、ということが行われます。
ロレックスの人気モデルは定価を大きく上回るような買取額が提示されるため、それを商売にする方もいらっしゃるのです。正規店でなくとも、「今日ある並行輸入店で買ったものが、翌日には●万円上がっていた」、といった場合もあります。
その賛否は別として、「買ったらすぐ売る」といったケースが増えたため、多くの時計専門店で在庫を抱えることに繋がり、結果としてこれまでよりも低い相場で買取を行う、という流れになっている。これがロレックス買取相場の一つの現状です。

なお、この傾向は、繁忙期を過ぎるとなお顕著になる可能性があります。

 

②時計・宝飾品の二次流通市場が活発

ロレックス GMTマスターII デイトナ

何も今ロレックスを売り時とするのは、買取相場の下落だけが理由ではありません。
むしろ「下落傾向」と言っても、ロレックスの買取相場は決して勢いがないわけではありません。現状を言えば、史上最高の盛り上がりを見せております。
特に二次流通市場(一度ユーザーの手にわたった製品のリユース・中古市場)がさかんで、これは時計に限った話ではありませんが、消費者が売りやすく、買取店も買いやすいという現状に繋がっています。
この流れは、消費者もリーズナブルに良質な製品を手に入れられる。業者も販売ノウハウを最大限に活かせる。そして何より廃棄品を大幅に減らすことができ、地球環境にも優しいというメリットを持ちますね。

ロレックス始め、機械式時計は昔から「資産価値」があり、経年があっても売ることができるという二次流通市場の代表格のようなものでしたが、近年ではその傾向がますます顕著。そのため、前述のような転売でなくとも、「今はもう使っていないロレックスがある」「別の時計を買おうと思っているので下取りに出したい」こんな方々がますます便利に時計買取店を利用できる環境が整っています。

また、それに伴い時計専門の買取店が増えてきました。
競合が増えれば増えるほど、買取相場で競争が増えます。
そのため、今が一つの大きな売り時と言えるのではないでしょうか。

 

③今後ロレックス買取相場が大幅下落することは考えづらい

デイトナ 116500LN

「買取相場が下がり傾向にある」ロレックスについてお話しましたが、それは一部。まだまだ上がり続けているモデルは少なくありません。
例えば現行デイトナのRef.116500LNは、多少の上がり下がりはあるとは言え、ずっと高値をキープ。今では300万円前後という、ロレックスの本来の価格帯を考えればあり得ないような相場を記録しています。また、2018年以降、新ムーブメントを搭載させた新型GMTマスターIIもずっと注目され続けているためか、定価の2倍以上の相場をキープ。このGMTマスターIIはデイトナよりも手に入れることが難しいと言われており、今後相場が下落する、ということは考えづらいと言っていいでしょう。

GMTマスターII 126710BLRO

さらに言うと、現在買取相場が下がり傾向にあるモデルも、このままずっと、かつ大幅に相場が下がり続けるということも同じく考えづらいと言えます。もちろん需要があるから、と言うのはあります。それに加えて「転売」目的でロレックスを現在持っている方は、あまりにも安い価格で手放す、ということは考えづらく、買取相場があまりにも下がると売らない⇒結果として市場にロレックス流通量が少なくなり、需要に追い付かずまた相場が上がる、という図式となるためです。
もちろん相場は水物ですので、この先お持ちのロレックスが上がるか下がるかは明言できませんが、傾向としては今後も高値をキープしていくと考えられます。

 

とは言え、ロレックスを売るなら「お早め」をお勧めいたします。今現在買取相場が高いこともありますが、時計は精密機器。基本的には新しいものほど価値が高くなります。
また、買取店によっては、保証書の日付の新旧で査定額を上下するところもあります。
もう使っていないロレックスがあるなら、ぜひ査定に持ち込んでみましょう!

 

 

今売るべきロレックス7選

それでは今売り時と言えるスポーツロレックスをご紹介いたします!

 

①ロレックス サブマリーナ デイト 116610LN

サブマリーナ 116610LN

ロレックスが誇るダイバーズウォッチ・サブマリーナ。1953年の誕生以来、定番ロレックスとして高い人気を博してきました。
ちなみに芸能人・有名人でも愛用者が非常に多く、デヴィッド・ベッカムさんやジェームズ・キャメロンさん、タレントの草彅剛さんや長瀬智也さんなど枚挙にいとまがありませんね。

こういった定番モデルは安定した価値を持ち続け、値崩れしづらいという傾向が強くなります。一方でオーソドックスなため、価格急騰や爆上げといった現象は起こりづらいという事実もあります。
ほとんど全てのスポーツロレックスが常時品薄・定価を大幅に超えるプレミアを記録したため、それにつられてサブマリーナも過去類を見ないような相場となりましたが、最近では本当に欲しい人に行き渡ったのか、相場が落ち着いてきました。

サブマリーナ 116610LN

もちろん今現在も、定価を超えるプレミア価格ではありますが、だんだんと下がり傾向にあります。ダイバーズウォッチはボーナス時期はもちろん、夏場は人気が集まり相場は普通であれば上がります。
しかしながら今下がっている状況を見ると、今が最も大きな売り時と言っていいでしょう。

 

サブマリーナ 116610LV

なお、同じ現行SSサブマリーナの116610LV―通称グリーンサブ―は、最近では下がり気味とはいえ黒サブを大きく超える買取相場となっております。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

②ロレックス サブマリーナ ノンデイト 114060

サブマリーナ ノンデイト 114060

同じくサブマリーナから、デイト表示のついていないモデルRef.114060です。こちらも116610LNと同様に定番であり、かつては安く買えるロレックスとして有名でした。
しかしながら近年では人気モデルからの需要が流れてきて、ここ一年ほどで類を見ない価格上昇を描いている一本です。

とは言え夏場に本来上がるはずのノンデイトもまた、ここ一か月ほどは下がり気味。落ち着いてきていると言っていいでしょう。

なお、ダイバーズウォッチはご存知の通り堅牢なことが売りです。高い防水性や気密性を保たせなくてはならないためです。それゆえ経年による影響が通常モデルに比べると比較的少なく(もっとも、ロレックスのスポーツモデルは全てオイスターケースが採用され、いずれも100mという高い防水性が保たれている)、使用後の製品でも高値がつきやすい傾向にあります。
相場情勢にかかわらず、売りやすいロレックスのうちの一つと言えるでしょう。

 

 

③ロレックス GMTマスターII 116710LN

GMTマスターII 116710LN

前述の通り、今デイトナを超えて在庫確保が難しいロレックスと言えば、GMTマスターIIが挙げられるでしょう。
そのわけは、2018年、新世代ムーブメントを搭載した赤青ベゼルのGMTマスターII 126710BLROが登場したため。この新世代ムーブメントは従来のものよりパワーリザーブを約1日分延長したり、精度や耐久性・メンテナンス性が向上したりとチューンアップされた見事な機械です。加えてGMTマスターIの生産終了と同時に消えていた赤青ベゼルが復活したこと。エレガントなジュビリーブレスレットが採用されたことなど、話題性に事欠かなかったことも高値キープの大きな要因でしょう。

GMTマスターII 126710BLRO

※バーゼルワールド2018で発表された新型GMTマスターII 126710BLRO

 

こういった流れの中で、116710BLNRと116710LNが生産終了し、これまた相場に火をつける要因となりました。
しかしながら後者の116710LNは、バーゼルワールド2019の終了で一気に50万円ほど売値が上昇した一方で、ここ一か月ほどは下落を続けています。もともとGMTマスターIIの中では「定番」「無難」な色合いであったことから、生産終了バブルのようなものが落ち着いてきたのでしょう。116710LNは初出2007年、累計製造期間は11年ほどと息が長く、製造本数も少なくない、という理由も「落ち着き」とは無関係ではありません。
そのため、まだ高値をキープしている今が一つの売り時とは言えます。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

④ロレックス シードゥエラー 126600 赤シード

シードゥエラー 126600

シードゥエラーはサブマリーナの上位機種として1967年に誕生しました。
1,220mという、サブマリーナのおよそ4倍の防水性と、ケースサイズ43mm×厚さ15mmという男らしいボリュームから、根強い支持を得続けてきております。

こちらのシードゥエラー―通称赤シード―は2017年、シードゥエラー誕生50周年記念モデルとして登場した現行モデルです。なぜ赤シードという異名を持つかと言うと、文字盤中央のロゴが赤く彩られているため。これは、初代シードゥエラーの一部モデルにのみ採用された仕様で、コアなロレックスファンにとっては待望のデザインアクセントとして伝説を創りました。

シードゥエラー 126600 赤シード

出展:https://www.rolex.com/ja

なぜこの現行シードゥエラーRef.126600が売り時かと言うと、これまでご紹介してきたような「買取相場が下がり傾向だから」というわけではありません。
むしろ、その逆です。バーゼルワールド2019が開催された3月下旬を機に、唐突に相場を上昇させているのです。特に生産終了になったわけでもないのに、なぜ?と囁かれている謎の相場です。

要因としては、季節的なもの(ダイバーズウォッチは夏場に上昇する)やそもそもの個体数が少ないこと、また、一部で細かな仕様変更があった(6時位置のSWISS MADEにクラウンマークがあるものとないものが存在し、後者のノークラウンに需要が集まっている)ことなどが考えられます。
また、シードゥエラーは50周年記念モデルのため、いつ生産終了してもおかしくない、という噂があるため、という話も耳にします。

この高騰がいつまで続くかはわかりませんが、発表初年度の2017年ですら追い越しそうな勢いを保っています。そのため、売り時を最も謳歌しているモデルと言えるのではないでしょうか。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

⑤ロレックス シードゥエラー ディープシー 116660 黒文字盤

シードゥエラー ディープシー 116660

同じくシードゥエラーの、さらに上位機種がディープシーです。
その防水性はなんと3,900m!世界的に見てもトップクラスのハイスペックと言っていいでしょう。
とは言えシードゥエラーを超えるボリューム―ケース直径44mm×厚さ18mm、重量は220g―から、着ける人を選ぶとあって、デイトナやサブマリーナほどの万人受けモデルにはなりませんでした。
しかしながらその武骨なかっこよさは根強い人気があり、かつバーゼルワールド2018にて新ムーブメントを搭載させた新型ディープシーRef.126660が登場したことから、一気に旧型116660が高騰。とは言え外装デザインがそう大きくは変わらなかったこともあったため、最近では相場は落ち着きぎみです。特にここ数か月は下落傾向が顕著ですので、一度査定に出してみて、納得できる額だったら手放す、というのもアリですね。

 

シードゥエラー 116660 ディープシー

なお、ディープシーには黒文字盤の他、D-BLUEと呼ばれる独特のブルーグラデーション文字盤が存在します。
深みのある青が浅瀬から深海に沈んでいく海を再現しているようで、本当に美しいデザイン性が魅力です。
こちらも2018年に黒文字盤と同様、新型126660が登場しているのですが、旧型116660の買取相場は黒文字盤に比べてかなり高値。
また、2014年に発表され、そこからわずか4年で新型以降となったことから(黒文字盤は2008年初出)、稀少性が上がって今後ますます価値が上がるかもしれません。もちろん断言はできませんが、「価格高騰」のポテンシャルを秘めているモデルの一つです。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

⑥ロレックス エクスプローラーI 214270 最新型

エクスプローラーI 214270

ロレックスのエントリーモデルとしても名高いエクスプローラーI。ここ一年ほどは定価超えのプレミア価格を記録していますが、もともとはお手頃価格が大きな魅力の製品でした。デイト窓すら持たないシンプルさも、汎用性が高くどの年代のビジネススーツに合わせやすい、という醍醐味がありますね。

このエクスプローラーIの現行モデル 214270が、徐々に相場を落ち着けてきているのではないか、と見られています。もちろん他モデル同様、まだまだ高値圏内ではありますが、2010年初出と比較的流通量が豊富なため、今後相場が揺り戻ってくるかもしれません。

 

エクスプローラーI 214270

なお、214270は文字盤仕様がランニングチェンジが2016年に行われており、もともとは新型の方が高値でしたが、今は旧型がジワジワと値段を上げています。214270の今後の生産期間にもよりますが、最新型の方が製造本数が増えれば、旧型がもっと上がるかもしれません。
旧型の方の市場動向も目が離せない状況と言えるでしょう。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

⑦ロレックス 生産終了モデル全般

ロレックス アンティーク

これまで現行モデルを中心にご紹介させていただきましたが、生産終了したモデル―アンティークと呼ばれる年式の古いもの含む―は今、最も売り時を迎えている時代です。
と言うのも、ロレックス自体の相場が上がっていること。加えて、現在のファッション業界のトレンドの一つ「復刻」「クラシカル回帰」に後押しされて、昔のブランドやモデルへ注目度が高まっているためです。
アンティーク時計の買取市場はかつてないほど拡大しており、相場が大きく上昇ラインを描いています。

そのため、「何十年も前に買って放置していたロレックス」があるなら、一度査定に出してみましょう。
前述した現行モデルのように定価と遜色ない買取額・・・というわけにはまいりませんが、思わぬ値段がつく可能性があります。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

まとめ

買取相場が落ち着きつつある。そんな、今売り時としてターニングポイントを迎えているロレックスを7つご紹介いたしました。

文中でも述べたように、相場情勢も無関係ではありませんが、現在買取市場が急速に拡大しており、非常に売りやすい環境が整っている、ということが何よりの「売り時」のポイントです。

使っていないロレックスがある。今別の時計が欲しいから下取りに出したい。大儲けできるかもと期待している。そんな方々は、ぜひ一度査定だけでもお申込みくださいね。

 

 

あわせて読みたい関連記事

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ

ロレックスのブログ一覧


バーゼルワールド2019
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング

 

お勧めアイコン
おすすめ記事

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 



ページトップへ