• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler


ロレックス, 時計買取, 買取相場

ロレックス GMTマスター 116710BLNRの2019年買取相場を予想!

ロレックス GMTマスターの最人気モデル「116710BLNR」ですが、実は2019年度版のロレックスカタログに掲載されていません。

通例で考えると、このパターンは廃盤になる可能性が高いです。

そこで今回は今度の展開に注目が集まる116710BLNRの買取相場について予想していきたいと思います 。

ロレックス GMTマスター 116710BLNR

 

ロレックス GMTマスター116710BLNRについて

ロレックス GMTマスターII 116710BLNR

ロレックス GMTマスターII 116710BLNR

116710BNLRは2013年に発売されたスタイリッシュな青黒ベゼルモデル。精悍な顔立ちから、30代・40代の男性から支持を受けているモデルです。

2013年の発売と同時にプレミア価格で取引され、今なお買取価格は上昇し続けています。

ロレックス GMTマスター 116710BLNR

青と黒の落ち着いたカラーリングで、スーツによく似合うことが魅力です。

24時間針もブルーとなり、24時間目盛りにはプラチナがコーティングされています。

 

搭載ムーブメント Cal.3186

ロレックス GMTマスター 3285

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/gmt-master-ii/m116710blnr-0002.html

 

【スペック】

時分秒、24時間表示、デイトジャスト、24時間針単独稼働、ハック機能
クロノメーター認定
パワーリザーブ約48時間
28,800振動/時
製造年:2005年~

 

Cal.3186は前キャリバー3185よりパーツ数を増やし、針ズレや動作等の不具合を抑えた高性能ムーブメントです。

16570116710LN16713116718LNといった他の人気モデルにも搭載され、近年はGMTの基盤ムーブメントとして高い評価を獲得してきました。

 

微上げになるか?爆上げになるか?GMTマスター 116710BNLRの今後の買取相場

廃盤となれば、当然買取相場の爆上げが予想されます。

まずは現在の相場をご覧ください。

GMTマスター 116710BLNR 買取推移

付属品 買取金額(平均値)
2014年 箱/保証書 有 ~約80万円
2015年 箱/保証書 有 ~約92万円
2016年 箱/保証書 有 ~約82万円
2017年 箱/保証書 有 ~約88万円
2018年 箱/保証書 有 ~約102万円

2014年から2017年までは80~90万円台の間で相場が上下してしましたが、為替の影響とロレックス人気の高騰により、2018年の買取相場においては100万円を超える相場となりました。

ただ2018年の夏以降、ロレックス全体の相場が落ち着いています。

 

GMTマスター 116710BNLRが廃盤になった場合、買取相場が高騰するのは間違いありません。

ただ、どれくらい高騰するかは、発表される新作の内容によって大きく異なります。

 

 

完全に廃盤になる場合

GMTマスターが完全に廃盤となってしまった場合は爆上げが予想されます。

この場合はタイミングを逃さなければかなりの高価買取が予想されますので、売る予定のある方はこのチャンスを逃さないようにしましょう。

 

 

マイナーチェンジに留まる場合

完全に廃盤になる可能性よりもマイナーチェンジ程度に留まる可能性の方が高いかもしれません。

というのも、2018年新作として打ち出された「GMTマスター 126710BLRO」には新型ムーブメントCal.3285が搭載されているため、116710BNLRもキャリバーをCal.3285に変更し、かつ型番をリニューアルして発表される可能性があります。

 

GMTマスター 116710BLNR 廃盤

 

ちなみに2018年新作として発表されたディープシー126660はこのパターンです。

外観は旧作116660と殆ど変わりありませんが、ムーブメントを最新型に変更したことにより新しい型番に生まれ変わりました。

 

ディープシー ムーブメント

両モデルとも外観上は区別がつきませんが、126660は性能が上がっています。

116660は廃盤となりましたが、デザインは126660に受け継がれているため、思っていたよりも買取相場が上昇しませんでした。

 

GMTマスター 116710BNLRに関してもデザインを継承し、ムーブメントのみを変更した新型が出てくると予想するのは自然です。

この場合は完全なる廃盤とは異なるので、買取相場上昇の爆上げは期待できません。

 

最後に

GMTマスター 116710BLNRは消えてしまうのか、それともディープシーのようにデザインが受け継がれた新ムーブ搭載モデルが発売されるのか。

いずれにせよ売却を検討されている方は「新型発表直後」・「正式な廃盤決定直後」が勝負です。

売り時を見逃さないよう、注意深く情報を探りましょう。

 

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ

ロレックスのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング

 

お勧めアイコン
おすすめ記事

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

ページトップへ