• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler


ヴァシュロンコンスタンタン

1990年代の意匠Vacheron Constantin

こんにちは!!

さて今回はVacheron Constantin/ヴァシュロンコンスタンタンらしさがうかがえるモデルのご紹介です。

1755年創業の時計メーカー、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計の一つといわれる、今や260周年を迎えた老舗時計メーカーからコチラ!!

【Vacheron Constantin】

『トゥール・ド・イル』

トゥールドイル 48100/2 メイン画像

IMG_6641

1992年発表の稀少なプラチナ『トゥール・ド・イル』でございます。

Vacheron Constantin社が1844年から1875年までの間、工房を開いた『トゥール・ド・イル』(島の塔の意)の名前を冠したモデルです。

IMG_6640

バックショットです!!

お気づきの方は鋭いですね\(◎o◎)/!

以前当店で取扱いがあったトゥールドイルRef.48100/000R-95

18Kピンクゴールドです。

裏蓋に島の塔『トゥール・ド・イル』の彫刻があるのは日本市場向けモデルのみとなっています。

12時側にパワーリザーブ、6時側にディスクカレンダーが備わるCal.1190QS。

今回入荷したプラチナモデルはすでに販売済となりました。ありがとうございます!!

『ネコ足』という俗称もあるティアドロップラグのさまざまな形状や時針と分針が1対1.5、1対1.6の割合、さらには針のデザインも細くシンプルなバーかリーフハンドが選ばれます。

1990年の『ジュビリ』

ジュビリー 92239/000J-4 メイン画像

1993年の『ルネサンス』

ルネサンス 92084/000G-4 メイン画像

1994年の『ノスタルジー』

ノスタルジー 48001/000J-3 メイン画像

 

1996年の『キャビノチェ』

キャビノチェ 91001/000J-7 メイン画像

 

1997年の『シャンベラン』

シャンベラン 43039/000G メイン画像

と90年代の名作たちをご紹介したいところですが、現在在庫切れとなっている状況ですが、画像から商品ページをリンクしておりますので詳細をご覧ください。

もしご売却をご検討されているお客様は当店に是非ご相談下さい。少し年代が経っている高級機械式時計を多く取り扱う当店ならではの高価査定価格をご案内できると思います。

90年代の時計たち。ケース径も30㎜前半から半ばぐらいの小ぶりなサイズ感と歴史と伝統を感じさせる雰囲気が僕はとても好きです。

今現在ご用意のあるおすすめモデルは

ヒストリーク オートマチック 48003/000P-3 メイン画像

【VACHERON CONSTANTIN】

Ref.48003/000P-3 ヒストリーク オートマチック

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

中古時計ならGINZA RASIN

住所
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F
電話番号
03-6252-3500
営業時間
11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)
定休日
年中無休 (臨時休業は除く)

 

 

 

時計の買取はコチラ

査定金額を知りたい方はコチラ

スマホで簡単に査定 かんたんLINE査定 気軽に査定額が知りたい スピード無料査定
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ

ヴァシュロンコンスタンタンのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

 

お勧めアイコン
人気記事ランキング

 

お勧めアイコン
おすすめ記事

 

お勧めアイコン
ロレックスの買取相場

 

ページトップへ