• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

時計の買取ならGINZA RASIN




オーデマピゲ, その他, 時計買取

オーデマピゲ ロイヤルオーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク 26347PT.OO.D315CR.01を買取りました!

大切なアンティーク時計や複雑時計を少しでも高く売るためのコツの一つはその価値を理解する確かな知識のあるスタッフがいるお店に持っていくことです。

当店にはアンティークにも複雑時計にも精通したスタッフがおりますので今までにも数多くの時計をお買い取りさせていただきました。

そして先日、特筆すべき時計をお持ちいただき、お買い取りをさせて頂きましたのでご紹介したいと思います。

世界三大高級時計メーカーの一つ、オーデマピゲの2016年新作!

ロイヤル オーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク
(Ref番:26347PT.OO.D315CR.01)

国内正規品、さらに未使用です!

オーデマピゲ トゥールビヨン

出典:https://www.audemarspiguet.com/jp/watch-collection/royal-oak/26347PT.OO.D315CR.01/

 

ロイヤルオークはクォーツショック直後の1972年に衝撃のデビューを果たしたオーデマピゲのフラグシップモデルです。

数々のヒット作を生み出す時計デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏がデザインを手がけたもので、「鋼へのオマージュ」というキャッチフレーズと共に「スポーティー・ラグジュアリー」というコンセプトで発売されました。

ステンレススティール製の高級時計は当時例がなく、八角形のベゼル、タペストリー模様のダイヤル、さらに一体型ブレスレットといったデザインはそれまでのスポーツウォッチを覆し、時計界に衝撃を与えます。

さらに39mmという当時としては大きいサイズも受け入れられ、世界中にファンを持つ、オーデマピゲを代表する時計となりました。

その派生モデルとしてクロノグラフ機能を持つ「ロイヤルオーク・クロノグラフ」、クロノグラフ機能を持ち耐磁防水性能をアップさせた「ロイヤルオーク・オフショア」などがあります。

このたびのモデルはさらにクロノグラフにトゥールビヨンを搭載した、コンプリケーションウォッチです。

 

スペックについて

オーデマピゲ トゥールビヨン

ケース

・素材:プラチナ950
・幅:44mm
・厚さ:13.2mm

 

文字盤

・ブルーカラーのオープンワークダイヤル・カウンター
・サテン仕上げ
・蓄光処理を施したピンクゴールド製のアプライドアワーマーカー・ロイヤルオーク針
・ブルーのインナーベゼル

 

風防

・反射防止加工サファイヤ クリスタルガラス製風防とケースバック

 

防水性

2気圧 防水

 

ブレスレット

・ハンドステッチの「大きな竹斑入り」ブルーアリゲーターストラップ
・プラチナ950製APフォールディングバックル

 

機構

・トゥールビヨン
・クロノグラフ
・スモールセコンド

 

キャリバー

・自社製キャリバー2936手巻き
・直径:29.90 mm (13 1/4 lignes)
・バランスホイールの振動数:3 Hz (21,600 振動/時)
・石数:28
・パワーリザーブ:72 h
・部品数:299

 

永久カレンダー、ミニッツ・リピーターとともに世界三大機構の一つと呼ばれる「トゥールビヨン」は天才時計技師アブラアム・ルイ・ブレゲ氏によって発明された複雑機構です。

姿勢差によって誤差が変化するという機械式腕時計の弱点を克服するために考案されたそれは150を超える微細なパーツを組み合わせて作られる非常に複雑な造りであり、調整が甘いと通常の時計よりも誤差が大きくなってしまうというもので、精度を出すのにも高い技術が必要とされます。

オーデマピゲの優れた技術者たちは常にその複雑で魅惑的な機構に惹かれ続けており、そんな彼らの思い入れの詰まったトゥールビヨンの動きを見ることが出来るオープンワークは時間を忘れて見入ってしまいそうです。

また重厚感のあるプラチナ製のケースに落ち着いたブルーカラーのダイヤル、ピンクゴールドの針が躍る様子は美しいとしか言いようがありません。

しかしながら機構としても類を見ないというだけでなく、実用性をも兼ね備えているのは伝統的な時計メーカーであるオーデマピゲの実力と言えます。

厚さは13.2mmというエクストラ・シン。
さらには一頭のうち数本しか取れない、ミシシッピワニの腹部にある竹符と呼ばれる部分から作られる最高級の革であるアリゲーターのベルト。

腕への負担を考慮されて設計されたこれらの組み合わせに拘りが感じられます。

オーデマピゲ トゥールビヨン

 

国内取引価格について

「ロイヤル オーク トゥールビヨン クロノグラフ オープンワーク」の定価は「price on request」。

これは流通量が少なく希少性のあるものに対し、価格設定を行わず需要側の希望する価格と供給する側の価格が一致したときに授受が成立する、というもので、希少価値の有るものの価格の高騰を防ぐために行われているシステムです。

そのため現在の市場価格については一概には言えませんが、一時には3,000万円を超える価格でやり取りが行われたそうです。

そんな非常に価値のあるモデルですので、お買い取りをさせて頂く価格の提示には細心の注意と考慮が必要となりました。
名機の中の名機である上に国内正規品。保証書の日付は今年2017年の2月のもの、さらに未使用ともなれば滅多な価格はご提示できません。

RASINの持てる最大の知識でご提示させていただいた価格に喜ばしいことにお持ちいただきましたお客様にご満足を頂けました。

 

こちらは現在、新たな持ち主様となって頂ける方をお待ちしております。
商品ページはこちらになりますのでご興味がおありの方はぜひご検討ください。
http://www.rasin.co.jp/SHOP/S-26347PT31501.html

 

参考記事:
アンティーク時計の買取り実績:http://www.kaitori-ginza.com/antique/
複雑時計の買取り実績:http://www.kaitori-ginza.com/complication/