• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler
  • HOME
  • SPECIAL
  • BLOG
  • BLOG
  • GUIDE
  • VOICE

時計の買取ならGINZA RASIN




IWC, その他ブランド, 時計買取

ポルシェデザイン by IWC「オーシャン2000」買い取りました!

1970~80年代、時計界を賑わせたコラボレーションブランド「ポルシェデザイン by IWC」。1868年創業の伝統ある機械式時計ブランドIWCと、1972年にフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェが立ち上げたデザインブランド「ポルシェデザイン」がタッグを組み、1980年代を中心にユニークで革新的な腕時計を発表しています。

さて、ポストヴィンテージとして人気の高い同ブランドより、先日「オーシャン2000」シリーズ「Ref:3500」のお買取りをさせて頂きました。

文字盤やブレスのバリエーションがあり、今なお注目される「オーシャン2000」シリーズ。今回お買取りした時計のディティールを観察しながら、ご紹介していきたいと思います。

 

ポルシェデザイン by IWC「オーシャン2000」買い取りました!

 

オーシャン2000とは?

ポルシェデザイン by IWCの個性的なラインナップの中でも、最大のヒット作と言われているハイスペックダイバーズシリーズ。

旧ドイツ軍の要請で開発されていた軍用モデルをベースに、ファーストリファレンスの「3500」が1982年より一般販売されました。2000mの防水性を持つハイスペック性とスマートなデザイン性の融合が話題を呼び、当時クオーツショックに喘いでいたIWCの窮地を救ったとも言われる名作となります。

その後ムーブメントやブレスレットの変更に伴い後継の「3504」や「3524」が登場。また、500m防水の「オーシャン500」というシリーズも展開しています。

 

文字盤の種類

12時側にポルシェデザイン、6時側にIWCのロゴがブランド名のみで入ったものが最終型と言われ、現在多く流通しているようです。

Ref:3500等初期のものに、ポルシェデザインのマーク+ブランド名ロゴがついてIWCのロゴが無いもの、またポルシェデザインのロゴはブランド名のみで6時側、12時側にはIWCのロゴが筆記体で書かれているもの等が存在します。

 

また、ブランド表記だけでなく、デイト表示の位置と3時インデックスバーの長さにも変更が。

 

3500に搭載されているCal.375よりも3504、3524に搭載されているCal.37521のほうがカレンダーパーツが内側に位置する為、日付窓が若干ダイヤル中央に寄り、3時インデックスバーも長くなっています。

 

ちなみに、500m防水である「オーシャン500」シリーズ含めオーシャンシリーズは全てリューズが4時位置に配置されています。ダイバーの作業中、手の甲にリューズが当たってしまうのを防ぐ目的があるという、ダイバーズウォッチ特有のデザインです。

 

ブレスレットの種類

3504から3524が発表されたタイミングで、ブレスの構造にも初期型→中期型と改良が。その後、一般的な後期型へと変更されており、3500や3504にも後期型ブレスのついたモデルの存在が確認できます。

初期型・・・ブレスコマに内蔵された1本のピンを次のコマへと繋ぎ、縦に貫いていく構造。

中期型・・・初期型と同じく縦につながる構造ですが、ピンが2本に増えて強度が増しています。

後期型・・・現在主流となっている、ブレス側面から反対側側面へ貫通するピンで横につながるタイプの構造。

ポルシェデザイン高貴型ブレスレット
上の画像は後期型のブレスレット

 

 

今回お買取りしたのは・・・

ファーストモデルとなるRef:3500をお買取りさせていただきました。

ポルシェデザイン オーシャン2000 3500
ポルシェデザイン オーシャン2000 3500

 

ポルシェデザイン-オーシャン2000-3500の筆記体とブレスレット

 

30年前発行のギャランティや修理明細書が付属しており、大切に使用されていた事が伺えます。
ご使用されていると、小さな擦れ傷、針サビ、文字盤の腐食があったりと状態は様々です。
今回お持ち頂いたお品物は、擦れ傷等も少なく、大事に使っていたお品物ということで、査定額も頑張らせて頂きました。

 

 

RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ

IWCのブログ一覧


ページトップへ